トップに戻る

トップページ > セカンドオピニオンについて

セカンドオピニオンについて

他のクリニックや病院に通院されている方でセカンドオピニオンを得るために一度だけ当院を受診したいという方も、大歓迎です。

できれば紹介状(診療情報提供書)をもらって来ていただければ、ありがたいです。もし「言い出しにくい」等の理由で難しければ、なくても大丈夫です。

当クリニックに通っている方で、一度他の医師の意見を聴くために他の所を受診してみたいという方は、気軽に私に言ってください。紹介状を書かせていただきます。

日本の精神科医・心療内科医は皆、基本的なベースとなる知識・経験は持っていると考えていいと思います。「精神保健指定医」の資格は、3年間以上の精神科医としての経験と、様々な疾患の入院患者さんを退院まで回復させた実績が必要なため、一定の目安になると考えます。

一定のベースとなる知識・経験は共通でも、それぞれの医師の味わい、強みがあると私は考えます。それはお薬の使い方や心理療法の考え方に現われます。またいわゆる相性(あいしょう)というものもあると私は思います。

以前の勤務先で、私の外来診療である程度までの改善をした後、横ばいだった患者さんが曜日の都合などで、別の医師に引き継いだ後、さらに改善した例を複数経験しています。また、逆の例も沢山経験しています。

どうぞ、セカンドオピニオンの希望のある方はお気軽にご連絡ください。