トップに戻る

トップページ > NLPセラピー

NLPセラピー

NLPとは1970年代にアメリカで開発されたコミュニケーション技法、心理療法技法の体系です。ベトナム戦争の帰還兵で精神的に混乱していた方々の回復の援助に大いに活躍しました。

最近の日本では、NLPはコーチングのスキルであったり、営業マンの業績アップのためのコミュニケーション能力向上のためのスキルとして紹介されることが多いです。

NLPコーチングでは、基本的に自分の目標を自分で設定できる方を対象に、よりモチベーションを高めたり、自分で適切な達成課題を見つけたりできるように、個人が自ら成長していくことを目指します。

自分で自分の目標を設定できるくらい精神的に安定している人には、NLPコーチングは効果を発揮します。

数年前から私は、NLPは非常にわかりやすく即効性のある心理技法であることはわかっていたのですが、NLPコーチングをそのまま、うつ病の患者さんに応用することには困難があるなと感じておりました。

NLPをうつ病の治療に応用して成果をあげている 複数の心理療法家・援助者に実際に会い 直接に学び始めたのが、2009年11月でした。患者さんにしっかり寄り添いつつ、NLPのテクニックを使って確実に変化・結果をもたらしていく その方法を現場で見ることは、長年薬物治療中心でやってきた私には目からウロコの経験でした。

その後約1年半の期間、私自身学びを深めつつ、日々の診療にNLPをはじめとする心理療法を少しずつ織り込んでいきました。そこでの経験から「短期で効果の出る心理療法」の確実さ、安全さを検証しました。

今の日本では「短期間で確実に効果の出る心理療法」をドンドン提供していくことが極めて大切であると私は考えます。安全なものは医療従事者に限らず、多くの人が学んで実践して他の人と分かち合うことでより多くの人を助けることができます。

NLPには治療の技術というだけでなく、日々の生活を楽しく元気に生き抜くための生活術としての側面もあります。当院では診療・セラピーの体制を確立後、「実際に使える心理学」を楽しく学べる講座を展開することを予定しております。お楽しみにお待ちください。